<バドミントン講座>

 

初心者から始めた私(管理人)が「これは知っておいたほうがいい」と思うことを書いておきます。

バドミントンをやったことのない人の参考にどうぞ。

 

0.ラケットの持ち方について

  0−1 フォアとバックハンドの握り方の違い

 

1.打ち方について

  1−1 まず最初に覚えるべき基本ショット

  1−2 続いて覚えるショット

 

2.バドミントンのルール

  2−1 得点に関して

  2−2 サーブについて

 

3.初心者のための上手くなるコツ

 

---------------------------------------------------------------------------------------

 

0.ラケットの持ち方について

0−1 フォアとバックハンドの握り方の違い

  

左:フォアは包丁を握るように指で握る。打つときは中指、薬指、小指に力を入れ、親指と人差し指は

   沿わせるだけという感覚を身に付ける。

右:バックハンドはフライパン持ち。親指をたててグリップに沿わせる。

     フォアとバックの自然な切り替えができることがラケットワークのスタート地点。

 

 

1.打ち方について

1−1 まず最初に覚えるべき基本ショット

「ハイクリア」・・・高く・遠くへ飛ばす。                        

          打面の角度 やや上向き /    

           バックラインいっぱいに高く深く返すこと。体制を立て直す時間稼ぎになる。

                       ***コメント:追い込まれたときはコレで時間を稼ぎます。

 

「ドロップ」・・・バックラインからネット手前近くに落とすショット。   

         打面の角度 垂直 |      

          千差万別のコントロールショット。クリアと同じフォームで打つ瞬間に力を抜く。

                ***コメント: 初心者同士の試合で使えるとかなり有効

                    =初心者キラーのショット=ムカつく場合有り(注意)。

 

「ドライブ」 ・・・ネットぎりぎりにまっすぐ直線的に返すショット。    

         練習では相手に向かってお互いの体を狙ってバシバシ打ち合う。         

         体の近く飛びこんでくるシャトルはフォアかバックか迷ったら返しづらい・・・。

         手首でタイミング良く打ち返す。はじくように打つ

                 ***コメント:上の2つのショットに比べると比較的簡単。

                  なぜかというと、上のふたつは空振りする可能性あります。

 

1−2 続いて覚えるショット

「プッシュ」 ・・・ネット際に浮いて上がってきたシャトルをするどく打ち込む。

          あまい球が来たらこれで決める。

                     ***コメント:チャンスだけど、初心者はネットに引っ掛ける可能性大

 

「スマッシュ」・・・もっとも力強いショット。打面の角度 やや下向き

                           テイクバックで弓を引き絞るように力をため、体の開きを最後まで我慢する。

                       ***コメント:ためて〜、バシッとタメの感覚が大切です。   

                  

「ヘアピン」・・・ネットすれすれにちょこんと落とす。

          やわらかいタッチで 「ネットへそっとおく」 感じ。

          ゲームに勝つためには必要なショット。

                    ***コメント:地味ですが、とても奥が深いショット。難しいので初心者は後でいいと思います。

 

 

2.バドミントンのルール (ダブルスについて)

バドミントンのルールは初めての方には「難しい」 とおもいます。

最初はもしかしたら戸惑い、馴染めないかもしれません。

私(管理者)もその一人です・・・。 2年ほど戸惑い続けましたし、今でも右か左かよくわかりません。

まぁ、そんな感じも時と場合(見極めは必要)によってはいいのです。

*簡単ですが、わかりづらいところを少しだけ説明します。

 

2−1 得点に関して

bullet全種目21点3ゲームで2ゲーム先取のラリーポイント方式
*ラリーポイント方式とは、サーブ権に関わらずラリーに勝った方にポイントが入るルール
bullet20−20になった場合、2点差がつくか、30点を先に取ったほうが勝ちとなる
bullet各ゲームで一方のポイントが11点になった時に1分間を越えない休憩時間を設ける
bulletゲーム間は2分間を越えない休憩を設ける
bullet単複ともにラリーに勝ったほうが次のサービスを行う
bulletダブルスのサービスは以下のように変更される
サービス側がラリーに勝った場合同一サーバーが左右を変えてサービスを行う。
レシーバーがラリーに勝った場合はレシーバー側が次のサービスを行うが、自分達の得点が偶数なら右から、奇数なら左から、その位置*にいるプレーヤーがサービスを行う。
*その位置とは、その直前のラリーのサービスを受けた位置のこと。
セカンドサービスは無し。
見方を変えると、サービスで得点した場合は左右を交替し、サービスが戻ってきた時には前回と異なるプレーヤーがサービスを行うことになる。

 

*とりあえず、慣れるまでは経験者に聞いてルールを覚えましょう。

 

2−2 サーブについて

<サーブ>

サーブは下から打つものです。

初めての方は上から打ちたい気持ちはよくわかります。 

でもルールなので、下からでお願いします。

 

<ダブルスのサーブエリア>

ダブルスのサーブの場合、濃い部分(緑)にサーブが入らないとOUTです。

サーブの後はコートは、すべてのエリア(薄青)に広がります。

 

3.初心者のための上手くなるコツ

 

一、誰よりも先に練習コートにいる。

弐、練習の最後までコートにいる。

参、挨拶をしっかりする。

四、けっして無理するべからず。

五、楽しむべし

 

1と2、については、しっかり練習する人が最終的には伸びますし、粘り強くなります。

3、については、周りの雰囲気がよくなる事とバド友人ができます。

   >>友人できれば自然とコツを教えてもらえることができます。

4、は怪我したら、一大事です。自分自身の管理、何事も引き際が肝心です。

5、上を向いて練習に取り組みましょう。多少の失敗は全然問題ありません。

  下手だからって落ち込まないで、明日があるさ!!

*どれも少し気持ちを切り替えるだけ可能ですが、なかなか実践は難しいコツです。

 

 

私が見て、感じたことを書かせていただきました。

少しでも初めてバドミントンをされる皆様の参考になれば、幸いです。

 

 

以上

inserted by FC2 system